90点は確実に超えてる GE2RB (ゴッドーター2レイジバースト) 感想

・僅かに数千円を支払うだけで、何ヶ月もこれほどの快感要素の集合体を楽しめるとは!

ビデオゲーム娯楽は一体どれだけ高水準にあるというのか?

そんな訳で、GE2RBことゴッドイーター2レイジバーストの感想です。

プレイ状況は、RB編のエンディングを迎えたちょっと後 (ミッション 「雀刺し」 クリア後) 時点。


2015年2月の購入からエンディング到達まで半年近くかかったのは、合間に他のゲームをしていたせいもあるけど、

本作の大ボリュームが1つの要因であるのは間違いない。

大ボリュームと言っても水増しのような悪い意味は無く、楽しめる要素を普通レベルに楽しんだ結果。

とにかくプレイしていて、楽しめる要素が満載なのよ。


仲間キャラクターの内面を掘り下げるキャラクターエピソードは非戦闘員キャラにも用意されているし、

戦闘用キャラはキャラクターエピソードを進めれば性能強化も発生するので、

進めれば進めるだけゲームは有利になるしキャラに愛着も湧く。

っていうかそもそも、仲間キャラが多い!

「仲間キャラが多いなー、と思っていたら更に仲間が増えて仲間キャラが多いなー、と思っていたら更に仲間が増えて (略) 」

みたいな展開が序盤から待ち受ける。

ゴッドイーターシリーズの過去作に登場したキャラも多いそうで、過去作プレイ済みの人にも嬉しい話だ。


バトル用スキルのシステムも成功してて、あらかじめ幾つかスキルをインストールされた武器が店頭に並ぶタイミングも秀逸。

「ちょっとミッション進めるだけでこんなに強力な武器が使えるようになって良いの!?」 と序盤から終盤まで思わされっぱなし。

"最初から最後までそうならそりゃ開発スタッフがきちんとバランスを調整済みってことだろ?" とも頭じゃ分かっちゃいるわけですが、

人間って ある程度にバランスの壊れた強力な性能をもって無双することに快感を覚える生き物じゃないですか。

GE2RBはそこの 「俺は今壊れたバランスの装備で無双している!」 と思わせる調整を実に上手くやってるのです。


地味に感動したのは、操作しやすさ。ユーザビリティってやつ。

「A地点で会話後、A地点からB地点に移動してCと会話して、A地点に戻って出撃命令を受けて出撃」 みたいな手順がノーストレス。

「倉庫に数百種類あるアイテムの中から3種のアイテムを必要個数だけ選んで取り出す」 とか、

「武器や仲間キャラに数十種ある強化スキルを選んでセットする」 とかの操作も凄く楽チン。

マップの移動だのアイテムのソートだの、キャラメッセージのページ送りとか全然苦にならないの。

この親切設計はスゲェ。

マップ内BGMを93種から選べる機能とか、1番から93番までカーソル移動するのがほんの一瞬だし、

"カーソル移動中に、再生中BGMの番号で一旦カーソルが停まる" というこのワンポイントの工夫とかよく思い付いたなぁ。心憎い。


そうそう、仲間キャラに強化スキルを覚えさせたときは、仲間キャラが嬉しそうなセリフ返すのよ! しかもボイス付き。

そのリアクションも各キャラ5,6パターン? くらいある気合いの入れ様。

っていうか、キャラボイスの多さが半端無いぞ!

GE2RBでは特定の条件を満たすとさ、仲間キャラが喋る全ボイスを確認できる隠しメニューが開くのだけどさ、

ここで確認したら、「戦闘開始時セリフ」 だとか 「特定の攻撃専用セリフ」 だとかに止まらず、

「自分で体力を回復したセリフ」 「仲間に体力を回復してもらったセリフ」 「回復アイテムの残りがゼロになったセリフ」 だの、

膨大なパターン数あるのだわ!

「敵との戦闘を開始したときのセリフ」 だけでも10パターン以上用意されてたりするし、

「任務クリア」 と 「難関任務クリア」 で分かれていたり、

更には 「特定の種族の敵と遭遇したセリフ」 だの 「特定のステージで任務を終えたセリフ」 だのある。

ゴッドイーターの世界観やキャラクターの個性を 本当の本当に丹念に作り上げよう、という製作チームの気迫が伝わってくるようだ。


ちなみに上の段落は実際のゲーム画面を見ながら書いてたのだけど、この状況ごとの説明文も分かりやすくて見事だ。今気付いた。

状況別ボイスが数百種あるのに、そのどれもが最大で15文字くらいの説明に 「これは○○の時のボイスです」 と分かりやすく収まってる。

何気なく見えるけど、これも地味にスゲェよ。俺だったらこうしてだらだらとした文章になってしまうのにさ。


BGMセレクト機能について先程少し触れたけれど、そもそものBGMも格好良いものばかりだしさ!

それにアップデートも頻繁で良い。追加キャラクターだの新規ショートエピソードだのユーザー投稿衣装実装だの、盛り沢山だ。

あぁ、当然すぎて書き忘れていたけどメインのバトルアクション自体も爽快です。

とても無双できない強敵相手だって工夫しがいは楽しいし。


日記タイトルにも書いた通り、点数を付けるなら確実に90点は超える傑作ゲームだよこれ!

以上、ゴッドイーター2レイジバーストの感想でした。