今週の 『生徒会役員共』 「#560」 感想

何だこのかわいい回は……!!


今週の 『生徒会役員共』 は、もうとにかく可愛らしい回。

色々なネタが可愛らしすぎやしませんか????

物語としては、英稜生徒会と桜才生徒会が動物園で遊ぶエピソード。

いやそれよりも、もうここしばらくの間で随一の可愛さを誇る回というのが見所であろう。

そんなわけで、今週の 『生徒会役員共』 「#560」 感想。


全体的に可愛らしい今回ですが、扉絵の私服姿の森ノゾミから既に良さが溢れているね。

「明らかに着やせするタイプ!!」 の扉絵アオリも、アオリというか読者視点の感想になってるかのようだ。

一緒に動物園を回っているときにふと森ノゾミに目をやって、そのまま眺めているかのような感覚を想起させる扉絵!


開幕 【いこ?】 は物語の導入部。

津田家で動物園を訪れるまでの背景が説明されるぜー。

魚見チヒロと津田タカトシの2人で動物園を訪れるような流れだが、実際は両生徒会の全員で動物園を訪れることに。

全員で行くように話を持っていったのは、やっぱりここで同席してた天草シノなのかなあ。


そしてページを捲れば、2本目 【お嬢様のイメージ】 1コマ目のポーズを決めてる様子から絶品だった。

何なの この仲の良さは!!? 仲良しすぎるポーズかよ。

天草シノと魚見チヒロによる津田タカトシの取り合いを連想させた1本目の直後でこれだから度肝を抜かれる。

2人の仲の良さが満ち満ちた決めポーズだ。

萩村スズがこちらにピースサインを向けているので、記念写真を撮ってる1コマだと分かる。

この萩村スズの存在もなかなかに氏家ト全先生の芸が細かいなあ。

そしてオチで期待に満ちた質問をする広瀬ユウと青葉トオリの無邪気さも可愛い。

森ノゾミや津田タカトシも2コマ目にいるし、何気に2本目時点で今回の登場人物が全員勢揃いだ。

賑やかな幕開けである。


ちなみにテニスコートやゴルフ場を備えた七条家敷地でも、さすがに動物園は無いようで。

そうするとあの広大な敷地内で飼われている動物は、七条アリアの飼い猫エティエンヌたちだけであるようだ。


動物園が舞台ということで、氏家ト全先生の描くチーターやらチンパンジーやらウサギも見れる。

3本目 【雑学】 では、きちんと動物園を舞台としたネタが展開しており、何気にこういうところが魅力であるよね。

"ネタが普段と変わりなくて動物園である意味がない" みたいなことが無い、誠実さを感じさせる要素だ。

そしてここに下ネタがプラスされて 『生徒会役員共』 らしさもうなぎ登りだ!

この全力で喰いつくメンバーが魚見チヒロ、七条アリア、青葉トオリというのが良い。

ていうか青葉トオリもそこで喰いつくのだな……!

積極的にボケ側に回ることが滅多に無いからあれだったが、やはり下ネタ側の立ち位置であったか。


動物園が舞台ということで、氏家ト全先生の描くトラ娘やらパンダ娘やらヘビ娘も見れる。

ただ動物が出てくるだけでなく、漫画に期待される読者の欲求もまるで見落とさない匠の技でしょ。

サービス精神というやつだ!

そんなわけで、4本目 【動物的直感】 は擬人化ネタ。

ケモノ娘でありますが、きちんと服を着ているような格好であり露出度が低いのはやはり氏家ト全先生らしさだ。

ヘビ娘だけは脱皮途中だからか脱ぎかけですけど。読者の総意的にはどの子が人気なのかなあ。

この界隈への見識は浅いのですが、耳が4つあるような事になってないのはきちんとしているのではないでしょうか。

ちなみに1コマ目では津田タカトシに天草シノと魚見チヒロが身を寄せ合ってる。

おしくらまんじゅうというわけでもあるまい、何かモーションかけてたり張り合ってたりもするようだ。


次の 【パンチラ防御】 は、何やらおっと思ってしまうサブタイトルですね。

1コマ目から "フワーリ" の文字さえありますが……オチは下ネタではなかったですよー。

萩村スズを肩車する広瀬ユウのこの絵図の良さ!

もうこの肩車したまま園内を歩いてほしい、それだけのほのぼのさがある。


最終ページの 【ふさふさ】 !

ウサギと触れ合って 「かわいーーっ」 と歓声を上げる青葉トオリ!!!!!

お前の方がかわいいよ!!! というドテンプレな感想を抱くほかなかった。

これが最高でなければ何が最高なのか!?

ふれあい広場で萩村スズはウサギを撫でるだけなのに、青葉トオリは膝の上に乗せちゃう触れ合い方だ。

そんな青葉トオリが2,3コマ目と連続で出番があって喋ってるのも良いし、下ネタでなく普通の話をしちゃってるのも最高。

青葉トオリが普通の女子みたいな一面を全開でオープンにしてきている4コマだ。

今回一番かわいかった。

というか青葉トオリまたこういう制服みたいな感じのファッションで来てますね、こういう感じの服が好みなのだろうか。

天草シノの下ネタのおかげで、何気に青葉トオリの全身像が履いてる靴まで描かれているのも歓喜ポイントだ。


ラストの 【次回につづく】 は、一番うれしいのは次回もこの動物園編のエピソードを読めるところだ!

タカトシは、あの娘とペアに!?」 の柱アオリも気になっちゃう。

一体誰がペアに、というかどの登場人物が掘り下げられるというのか……!?

そういう視点で気になるところ、青葉トオリだったら良いなあ。

1コマ目でやたらとデカいおにぎり食べてる津田タカトシも何やらかわいらしい。

全員でシート拡げてお弁当食べてるのも仲良くてよろしいね。

これ動物園のレストランで食べてても成立するネタなのに、このピクニック感覚出してくるのも上手なところ。

開幕の魚見チヒロの忘れ物という伏線も回収して、心おきなく次回への期待を膨らませられるのも達人技であろう。