100冊超えた

ゴルゴ13の単行本が。


俺としては100巻以降に多い、文化的狙撃みたいな背景の話が好きです。

文化的というか、一企業が損失を防ぐためにゴルゴを雇うような話。

それ以前に多かった 政治絡みでゴルゴに依頼する話や、ゴルゴを狙う殺し屋の心情を描いた人間ドラマ系よりも好み。

まあ100巻以前でも面白い話は多いけど、

ここでおすすめするとしたらば100巻以降かな、と。


というかREADERS’CHOICE BEST13 of ゴルゴ13が良いのか。

読者が選んだベスト13ゴルゴを収録した分厚い本。