氏家ト全先生 最新作 『八乙女×2』 が別冊少年マガジンで連載開始

別冊少年マガジン2022年6月号から、氏家ト全先生の最新作 『八乙女×2』 が新連載となりました。

やったぜ! めでたい。

第1話は全ページがマガポケで無料公開されており、以下のリンクから読める。

なお、サイン色紙の抽選プレゼント企画があるのは、雑誌版の別マガだけだ。



ジャンルについて。

おおまかな設定の他は、事前に何も情報が無かった 『八乙女×2』。

蓋を開けてみれば、生徒会役員共』 と変わらぬテイストで、いつもの氏家ト全先生のギャグ漫画であった。

4コマ漫画が突然の下ネタオチだったり、ほのぼのするオチだったりするのも同じ。

けれど前情報では、下ネタがあるかさえ予告されてなかったからね!

氏家ト全先生の漫画の個性が下ネタギャグってことは、別マガ編集部はもはや言うまでもない情報と考えているのかもしれない。


連載形式、ページ数について。

第1話は、「ショート漫画8ページ」 + 「4コマ,5コマ,8コマ漫画合わせて10ページ」 という構成だ。

これは連載初回につき増ページなのか? それとも毎号このページ数なのか?

もしも増ページだとすると、第2話以降は 「4コマ,5コマ,8コマ漫画合わせて10ページ」 部分だけになりそう。

生徒会役員共』 のページ数は 1話4ページ × 1ヶ月4,5話 = 月16,20ページだったので、毎号18ページの可能性もありそうか?

ちなみに次号予告でもページ数などは言及がない。


タイトルについて。

予想的中という人も多かっただろう、主役2人の苗字が八乙女だから 『八乙女×2』 のパターンだ。

男の子の名前は八乙女カイ、女の子の名前は八乙女ハルルだ。

「ハル」 じゃなくて 「ハルル」 なのか、何か意外。

"ハルル" で検索したら、ハルル島という地名や "ハレルヤ" に由来する説がヒットしたが、無関係だろう。

余談だが、本編には 「泉ルイ」 という登場人物も出てきた。

こちらは "八乙女" が宮城県仙台市の地名であるのと同様、宮城県仙台市泉区に由来する苗字と思われる。


カラーページについて。

『八乙女×2』 第1話は、センターカラーのカラーページ付きだ。

「イメージカット的な八乙女カイと八乙女ハルルの背中合わせイラストでまるまる1ページ」 という珍しい構成。

氏家ト全先生の過去のカラーページは、漫画本編がカラーになっている例が多かったからね。

こうも大きなサイズでの氏家ト全先生のカラーイラストを拝める機会は、滅多にない。


Web版では未掲載だが、カラーページの裏面は連載開始記念の抽選プレゼント企画だ。

既に発表された、八乙女ハルルが八乙女カイの頭の上で頬杖を突いてるカラーイラストも掲載されている。

"この男の子が主人公の八乙女くんです。" という注意書きは、何か笑う。

連載開始予告に登場してたのは、八乙女カイじゃなくて八乙女ハルルですけど……!?

プレゼントの氏家ト全先生直筆サイン色紙に描かれてるのも、八乙女ハルルだぞ。


『八乙女×2』 感想。

一言でいえば、思っていたよりこれまで通りの氏家ト全先生の漫画だな、と。

よく見たら、各4コマタイトルに使われている文字フォントも 『生徒会役員共』 と一緒だ。

担当編集者さんさえ同じなのかも。

新しい風が吹き込むかと予想したら、そのような事は無かったぜ。

もしも 『生徒会役員共』 の登場人物がゲスト出演しても、全く違和感なく馴染むだろう。


過去の氏家ト全先生の漫画と比べて、明らかに異なるのは登場人物の年代だ。

メイン登場人物を小学生に据えての連載は、氏家ト全先生の初となる挑戦だ。

「小学生が主人公だと私服を考えるのが大変 (だから制服がある中学生に設定した)」 と漏らす漫画家さんもいるのに!

『八乙女×2』 はメイン登場人物が小学生だし、モブ生徒も多数登場する。

けれどそこは 『生徒会役員共』 で数々の私服姿を描き続けた氏家ト全先生だしな、自信があるのだろう。


"第1話 5月の転校生" として始まるショート漫画パート、やはり季節はリアルタイムと連動するのかも。

過去作 『プチたん』 では連載初回から登場人物の入浴シーンがあったけど、今回は着替えシーンがお目見えだー。

出会い頭に着替えシーンを覗き見ちゃうハプニング、裸を見られるのが男子側なことに時代の変化を感じるね。

上半身だけで済むあたりも時代であろう。


MONSTER DESTROYER (モンスターデストロイヤー) 略してモンデスという架空のゲームが登場。

この画面レイアウト、氏家ト全先生の過去作でもたびたび描かれたゲーム画面に似ているなあ。

何かモデルとしているゲームがあるのかも。

八乙女カイのゲーム中自キャラが筋肉ムキムキの強そうなキャラ、しかも名前が "KAI" なのはリアリティある。

ゲーム中自キャラに女の子を選び出す年頃ではなさそうだしなあ、芸が細かい。


5,6ページ目では、八乙女カイと八乙女ハルルそれぞれの母親が登場だー (他の家族は未登場) 。

氏家ト全先生の漫画でよくある、両親は下ネタ側の立ち位置なのかという疑問の答えもちょろっと明かされる。

というか 『八乙女×2』 で初の下ネタは、八乙女カイの母親から放たれたと言って良いのかも。

ちなみに後で明かされるが、八乙女カイは一人っ子のようだ。


9ページ目からは、4コマ漫画パートが開始だ (正確には4コマ、5コマ、8コマが混在) 。

「やっほ」 のセリフと共に現れる八乙女ハルルは、やっぱりウオミー感があるね……

そして朝から息子相手に下ネタを飛ばす八乙女カイ母は、やはり氏家ト全先生作品に出てくる母親だなという貫禄だ。


4コマ漫画パートの前半は、八乙女ハルルの転校生シーンパートと区切れるのかも。

転校生らしく黒板に名前を書いて挨拶するシーンでは、クラスの担任の先生が初登場だ。

眼鏡っ娘と呼ぶのがふさわしそうな、眼鏡をかけた若そうな女性の先生である。

後半いきなり横顔フェチというフェティシズム持ちが明かされる!

これ、連載回数を重ねたらそのうちショタコン属性とか持ったりしそうな雰囲気あるけどどうなのだろう。

さすがにそれは危険だから、敢えて先に別のフェチを持たせておいたのかもしれない。


そしてクラスメイト達も登場だー。

この子らが今後も友人ポジションとして繰り返し出てくる登場人物なのだろうなあ。

大人しそうな女子、リーダー系女子、わんぱくそうな男子、王子様系男子とタイプが分かれているし。

ちなみにこのリーダー系女子は、"泉ルイ" と名前が明らかになった。

リーダー系であるが故に、八乙女ハルルの下ネタに真面目に付き合って振り回される未来の片鱗が既に描かれた。

八乙女ハルルが魚見チヒロなら、泉ルイは森ノゾミなのかも。


ここの下ネタである 「赤ちゃんってどこからくるの?」 ができるのも、小学生ならではか。

まあ小学6年生なら、どこの学校でも保険の授業で履修済みだろうし、そういうボケだろうけど。

小学生ならではの下ネタといえば、お赤飯はいつかやりそう。

精通や性の目覚めは……さすがに生々しくなりすぎそうだから無いと思う。


連載開始前の予告カットでは物理的接触をしていた2人ですが。

今回この教室パートの4コマ漫画でも、ついに物理的接触を果たしたぞ。

やはり過去作と比べて、連載初回から距離が近い2人だと言える。


細かい設定が色々出たので記録しておく。

八乙女カイは小3の頃この街に引っ越してきたとか、何かの委員会に所属してるとか。

引っ越してきた設定は気になるねー、最終回あたりでまた引っ越す展開とかになるのだろうか。

同じ委員会繋がりで、別クラスの生徒が登場するのはありそう。

ついでに残しておくと、八乙女カイたちのクラスが6年何組なのかは明かされていない。

ついでにマンションで八乙女カイが住むのは601号室で、八乙女ハルルが住むのは602号室。


そして15ページ目からは、4コマ漫画パートの後編。

八乙女ハルルの転校初日とは日を跨いだ別の日だぞ。

マンションの前でバッタリ会った2人が帰宅するまでの短い話のエピソードだ。

学校パートは無い、正に隣人コメディだ。


ショート漫画パートのオチは、八乙女ハルルのトイレの話だった。

そして4コマ漫画パートの後編は、八乙女ハルルがトイレを我慢するテーマがメインだ。

主人公の1人なのに、連載初回からトイレネタが天丼である! 氏家ト全先生の狙いなの?

ついでにモンデスという作中ゲームの話題も繰り返し登場だ。

作中ゲームの描写は、『八乙女×2』 ではこのモンデスをメインとされるのかなあ。

それはさておき、モンデスの話題で今回一番の長台詞を流暢に喋る八乙女ハルル!

ゲーム大好きガチ勢である様子も描かれた。


次号以降の内容について。

公式に書かれている内容だけど、ネタバレなのかな?

マガポケ版の内容紹介文を読むに、次号予告どころか次々号だろう回の内容も紹介されている。

転載すると、次の通りだ。


小学6年生・八乙女カイ。彼のマンションの隣に引っ越してき

たのは、少し変わった女の子!?小学生だから、給食食べた

り、好き嫌いがあったり、忘れ物したり…だって小学生だも

の。お隣さんだから、気軽に遊びに行ったり、親同士も仲良く

なったり…だってお隣さんだから。『生徒会役員共』の氏家ト

全、最新作!小学生隣人コメディ!!


給食ネタと忘れ物ネタは、今号の次号予告にも書かれている。

好き嫌いネタは、来月の給食ネタに出てくるのかなあ。

八乙女カイと八乙女ハルルの親同士が仲良くなる展開もあるようだ、年上ポジションが好きな読者も安心だな。

氏家ト全先生による他漫画への応援メッセージがマガジンに掲載

週刊少年マガジン2022年22・23合併号から 『生徒会にも穴はある!』 という漫画が新連載になった。

この連載開始を記念して、氏家ト全先生が応援のメッセージを送られていた。


すっかりブログで書くのが遅れてしまいました。

ファンの人は記念にこの号のマガジンを買っておこう、という話だけど。

書くのが遅れているうちに、講談社系列の公式サイトで応援メッセージは全て公開されていた。

→ 【新連載】みんなで紡ぐ生徒会の日常4コマ『生徒会にも穴はある!』連載開始!! 氏家ト全先生からの応援メッセージ到着!!


氏家ト全先生からの応援メッセージは、マガジンに掲載された内容と一言一句同じだ。

天草シノの既存イラストが1ページまるまる掲載されている点も同じ。

(厳密に言えば、ページレイアウトや周辺に配置された文章に多少の違いはある)


普通こういうのって氏家ト全先生の新連載 『八乙女×2』 の宣伝も兼ねるものと思うのだけど、宣伝は一切ない。

氏家ト全先生自身は応援メッセージにかこつけて宣伝しないタイプであろうな、と思う。

マガジン編集部も氏家ト全先生の宣伝しないという意思を尊重したのかもしれない。


余談。

この号の表紙には 『生徒会にも穴はある!』 の新連載告知もあるのだけど、作者名は書かれていない。

それなのに、「生徒会役員共 氏家ト全先生 太鼓判!!」 の売り文句が、作品タイトルと同じくらいデカく記載されている。

あたかも 『生徒会にも穴はある!』 の作者が氏家ト全先生なのかと誤解を招こうとしているかのようだ。

というか誤解を招くための表紙だよな、「太鼓判!!」 の文字だけ目立ちにくいし。

応援メッセージと違って、表紙はえげつない。

「氏家ト全先生太鼓判!!」 という売り文句の漫画が新連載だとか

週刊少年マガジン2022年22・23合併号から新連載となる漫画に 「氏家ト全先生太鼓判!!」 との売り文句が付いていた。

氏家ト全先生太鼓判!! 『生徒会にも穴はある!』
氏家ト全先生太鼓判!! 『生徒会にも穴はある!』


この新連載は、むちまろ先生による 『生徒会にも穴はある!』 という作品。

予告カットの時点で、"高校の生徒会が主役" "男子1人に女子3人" "日常4コマ" だと読み取れる。

探せば他にも同じ設定の漫画はありそうだが、氏家ト全先生の 『生徒会役員共』 との共通点が多い漫画とも言える。

そこから 「氏家ト全先生太鼓判!!」 という売り文句が付いたのかも。


また、むちまろ先生は 『世が夜なら!』 という漫画を過去にマガポケで連載していた

読んで分かる通り、下ネタやライトエロを売りとする作風だ。

更に、『生徒会役員共』 最終回の特別企画 「ちょっとエッチな生徒会アンソロジー4コマ」 に参加された作家さんでもある。

そういった縁も関係しているのかも。


さて、このサイトは氏家ト全先生のファンサイトなので、新連載の内容よりキャッチコピーを気にしたい。

氏家ト全先生太鼓判!!」 というキャッチコピー、感慨深いものがあるよねえ。

こういった新連載の宣伝に、氏家ト全先生の名前が使われるのって初めてでは?

氏家ト全先生が太鼓判を押すなら読んでみよう、という読者が出ることを想定したからこそのキャッチコピーですよ!

大御所感があるというか、氏家ト全先生のネームバリューもここまで来たか、という感動がある。

マガジン編集部からの氏家先生に対する熱い評価。


言うまでもないが一応書くと、「氏家ト全先生太鼓判!!」のキャッチコピーだからと言って、実際に太鼓判を押したかは分からない。

それどころか、実際には 『生徒会にも穴はある!』 を読んでいない可能性すらある。

こういうのは、新連載第1話目が載った号の次号予告に 「早くも大反響」 とか書いてあるのと同じだ。

まあ講談社の雑誌だから、名前を使う許可はきちんと取っているだろう。


とはいえ名前を使わせているくらいだし、もしかしたら今後また氏家ト全先生がこの漫画と関係することがあるかも?

たとえば、『生徒会にも穴はある!』 の単行本帯に、氏家ト全先生がコメントを寄せる未来もあるかも。

気にしておきたい。

護国寺駅の別マガポスター見てきた

・少し前の話だけれど、護国寺駅に掲出された別冊少年マガジンのポスターを見に行ってきた。

(現在は掲出終了)



言わずもがな、お目当てはポスターの一部である今後の新連載予告。

はっきり言うなら、『八乙女×2』 の部分である。

別マガ広告の『八乙女×2』部分
別マガ広告の『八乙女×2』部分


見ての通り、掲出されたイラストは別冊少年マガジン4月号の裏表紙に使われたものと同じ。

既存の発表済みイラストであり、新情報は特に無い。

とはいえ、このような形であれ氏家ト全先生の漫画がポスターとして掲示されるのは滅多にない。

なので記念撮影してきた次第だよ。

氏家ト全先生 新作『八乙女×2』まで1ヶ月! 連載予告が別冊少年マガジンに掲載

連載開始まであと1ヶ月!

2022年4月8日発売の別冊少年マガジン5月号に、氏家ト全先生の新作 『八乙女×2』 の連載予告が掲載されました。

『八乙女×2』 の連載予告
『八乙女×2』 の連載予告


上記の画像は、別冊少年マガジンの公式サイトのスクショ。

ちなみに別冊少年マガジン5月号の誌面には、上記の全体像イラストが掲載されていた。

男の子と女の子の全身が描かれているイラストだ。

女の子の履いてる靴まで確認できる。



あらすじは公式サイトにも書かれているけど、書き出してみると以下の通り。


小学6年生・八乙女カイ。彼の住むマンションに

引っ越してきたのは、少し変わった女の子!?


主人公の男の子は 「八乙女カイ」 という名前なのかー。

やはり、ヒロインの女の子も苗字が 「八乙女」 だから 『八乙女×2』 というタイトルっぽいな。

いや、まだ八乙女カイが2人に分裂するSF展開とか、水を被ると女の子になっちゃう可能性も残っているか?


この 『八乙女×2』 のイラストでは、八乙女カイと女の子の距離が近いですね。

物理的接触してるじゃん。

連載第1回目からこの距離感とは、氏家ト全先生の漫画の中でも屈指の親密さだ。

小学生の男子女子だからこそなのかも。

この距離感が、連載が進むにつれて離れたりくっついたりする甘酸っぱい展開もあるかもしれない! ないかもしれない。


他に読み取れる情報として、タイトルロゴがどうなのかも気になる。

画像に載ってる太字赤文字の 『八乙女×2』 がタイトルロゴなのかな?

これが本物のロゴなら、あまりにシンプルすぎるか。

仮のロゴというか、まだ決まっていないなのかも。


あと、連載初回はセンターカラーだそうで。

表紙かつ巻頭カラーであったら嬉しさ最高潮であったが、そうはならずだ。


ちなみに別冊少年マガジン5月号では、次号予告漫画が 『八乙女×2』 にちなんだ設定になっていた。

『東京卍リベンジャーズ』 に対する 『東大リベンジャーズ』 ポジションと言える次号予告漫画かもしれない。

次号予告漫画は無料公開されているので、マニアの人はこちらもチェックしておこう。



次号予告漫画の内容自体は、『八乙女×2』 と直接の関係はないはず。

だけど、もしも女の子の名前が本当にゆかちゃん (八乙女ユカ) だったら、ちょっと笑ってしまうな。