今週の 『生徒会役員共』 「#525」 感想

・今週の 『生徒会役員共』 は、津田コトミ編!

しかもただの津田コトミではなく、柔道部マネージャーとしての津田コトミ特集回だ。

全部のネタに津田コトミが登場するばかりか、全部のオチを津田コトミが持っていく。

今回すごいな!

こんなにも特定の登場人物だけに焦点を当てた特濃リッチな特集って、津田コトミに限らず滅多に無いことでしょ。

氏家ト全先生の漫画の中でも すごい激レアな話が来た。


そんなわけで今週の 『生徒会役員共』 感想。

今回 「#525」 は、扉絵ももちろん津田コトミ。

「今日はマネージャーの仕事を紹介しますっ」 との台詞通りのエピソードになった。


マネージャーの朝は早い。

開幕 【豆乳+バナナ】 は、津田コトミの自宅でのネタ。

豆乳+バナナで柔道部用のスポーツドリンクを作って、津田タカトシにも味見をしてもらう。

平和な朝の光景だし、津田コトミも真面目にマネージャー活動に精を出してますねー。

それなのにドロォとしたものを 「タカ兄 太鼓判のしぼりたてでーす」 と注げば、別の精が出たようなオチに!

どこまで意識してその発言をしているのだろう、開幕から笑った。

2本目 【炎の継承者を表すアザ】 とかサブタイトルから分かるように中二病ネタだ。

炎の紋章を掌に描いた津田コトミのこの恥じらいようが良かった。

トッキーのまともなツッコミも何か良いな、恥じらうポイントの理解があるあたりだろうか。

3本目 【ついでの】 は、萩村スズの一切笑いの無い冷静すぎるツッコミは何か珍しい。


4本目 【秘密特訓】 、細かいポイントだけど 「コトすか」 と先輩には丁寧語を使うトッキー、良さがあるでしょ。

トッキーが津田コトミと仲良くしてるところも見たいけど、先輩や年長者に丁寧な態度を取ろうとしているところも見たい。

出島さんや轟ネネとか横島ナルコ先生とかそういう人たちの重たい下ネタに、トッキーがツッコミを入れてみてほしいよ。


5本目 【ね?】 、そういえば津田コトミと中里チリの単独掛け合いってなかなか見ない感じだよな。

他の柔道部員も含めてのネタならあるけれど、この二人だけで4コマ1本やるのは初めてでは。

そうしてみると、中里チリが津田コトミの下ネタに注意してるっつーか気をやってる感じがするなあ。

津田コトミならヘンなトコ触る下ネタ、やるマッサージを間違えましたとか普通にやるだろうという認識か。


最終ページ、サブタイトルが 【お風呂回】 だけれど相変わらずの鉄壁な露出度の低さだ。

2コマ目でおへそ周りが描かれているけど、他はくびれやお腹の膨らみ以外は上も下もまるで情報が無くてスゲェ。

昔ちょっとあったスチームガードという湯気で隠す手法よりも結局描かない感じになられてきたね。

まあ、スチームガードは3コマ目みたいに全身とか描かれてないと使えないから、4コマ漫画では出しづらいのかもだけど。

4コマ目のトッキー、ドジっ娘が発動してのポロリとか無さそうな鉄壁バスタオルは良いとして、髪をほどく前だったか。

なかなかトッキーはヘアゴム外したところが描かれないですねー。


ラスト 【ぞんぶんにどうぞ】 は柔道部の仕事も終わって、再び津田コトミの自宅でのネタだ。

津田タカトシも間接的に柔道部の活動にこうして少し巻き込まれているわけですねー。

そして直接的なエロスが来た!

まあ津田タカトシが見ているテレビ映像としての水着の紐が外れるハプニングですけれど。

もう津田タカトシより津田コトミの方が敏感に反応してしまっている。

あくまで手首にテーピングだけに留まるのがマガジンであり、良さだなぁって思った。

氏家先生の過去作みたいにヤングマガジン掲載だったら、もっと直接的な下ネタが展開されていそう。

今週の 『生徒会役員共』 「#524」 感想

・今週の 『生徒会役員共』は笑顔の出島さんにドキドキしちゃえる回じゃあないですか!

普段はお澄まし顔というか、メイドらしくなのか控えめに抑えた表情をしてる出島さん。

でも今回は扉絵から口こそ開けねど笑顔だし、唯一の出番の 【におう】 も妙に楽しそうだー。

一体どうされたというのか、今週の出島さんは!

普段は平然とした表情だから、こういう突然の笑顔にキュンっとなっちゃうよねー。


そんなわけで今週の 『生徒会役員共』 感想。

今回 「#524」 は、桜才学園がメインの日常エピソード回だ。

開幕 【桜才ゆるキャラさくらたん】 は、サブタイトル通りに桜才学園マスコットの 「さくらたん」 の話。

というか、さくらたんを使ったドッキリを天草シノが提案するぞ。

マスコットという本来の役目を果たすより、天草シノのドッキリアイテムとして使われてるような気がする。

単行本17巻 「#465」 でも、さくらたんを使ったイタズラがあったし。


今後の 『生徒会役員共』 のイベントに、リアルでさくらたんの着ぐるみが登場したりするのかなーと妄想した。

まあもし登場するとしても、それはアニメの方にもさくらたんが登場するようになってからだろうな。

そして2本目 【一応成功】 は、8コマ漫画。

天草シノの仕掛けたドッキリが見事に成功するわけですが、天草シノも津田タカトシもドッキリしちゃう展開に。

抱きつかれている感触は津田タカトシに伝わってないだろうけど、この展開はそりゃ驚く。

つーか、さくらたんの中に入っているのが天草シノだと思っていたら、七条アリアたちは抱きしめたりするのか……!

今まで津田タカトシがさくらたんの中に入っていたとき、こうして七条アリアたちに抱きしめられはしなかったし。

さすがに中の人が津田タカトシなら、そりゃハグするのは恥ずかしいか。


そして何気に、柱の登場人物の紹介にさくらたんが追加された

マジかよ。

紹介文は、以下の通りだった。



さくらたん・桜才学園マスコット

シノの発案で作成された学園のマスコット。

けっこう人気アリ。中身はいつもタカトシ


次の単行本の登場人物紹介ページに追加されているかどうかも見所だ。


そして3本目 【におう】 は出島さんの出番!

1コマ目で 「今晩はローストチキンにしようかと」 と相談するコマから既に表情は緩やかだ。

2度目の登場コマのオーブンの焦げ臭さを指摘されるコマもそのお顔は普段より心情が出てる感じ。

そしてオチのコマの何このいたずらっ子みたいな、やんちゃしちゃいましたみたいな態度は……! 可愛すぎる。

ていうかそんな陰毛あぶりプレイをしたキッチンでローストチキンを作るのかよ。

誰の陰毛なのか、出島さん自身のものなのか、それとも七条アリアお嬢様のものをあぶって匂いを嗅いでいたのか?

何にしても、いつもの落ち着きを保とうとしている感じがまるでない。

どうしたどうした。

夕食の準備中ということは時刻は夕方だろうし、これが夜モードに入ろうとする出島さんのテンションなのかなあ。

何事もなくただ眠るだけの夜もあるだろうけど、きっとこの日の夜は何かしらのプレイをする夜だったに違いない。


最終ページは2本とも七条アリアがやりたい放題。

【マイブーム】 、もはやおなじみ七条アリアの聞き間違いネタですが、それでも手を変え品を変え見せてくるなあ。

氏家ト全先生の手練れの技がすごい。

もう昼時の学食でこれほど大勢の前で言っているのに、萩村スズは七条アリアを黙らせようとしないのが何かスゲェ。

そして肝心のパリィ・コッペリンだけが 「?」 マーク出すことになってるのが何か可愛いいいなあああ。

ラスト 【あつい】 、これ今後この展開はあるのかないのか!?

七条アリアが津田タカトシを開発しようとする素振りはたまに見せますが、その態度はボケなのかガチなのか。

今も機会があれば調教というか開発したいなーと思っているのだったら良いなあ。

あわよくば、など思っていたりするのかな。

七条アリアがこういう態度を今も見せるの好き。

今週の 『生徒会役員共』 「#523」 感想

・そういやこの日で 『生徒会役員共』 の連載500話目達成から半年が経過してたのか。

いや半年後記念とか特にマガジン誌面であったわけでもないけど。


そんなわけで、今週の 『生徒会役員共』 感想。

今回 「#523」 は、桜才学園での日常回。

扉絵は横島ナルコ先生であり、何やら 「エロ教師の鑑」 とのアオリ文句が付いちゃってる。

エロ教師というか、エロい人がたまたま教職に就いてしまった、というような気がするけど。

そういえば、横島ナルコ先生がどうして教師になったのかって理由は今も不明のままだなあ。

横島ナルコ先生は桜才学園OGで、その縁でここの教師になろうと教職を目指したのかなあ。

桜才女子寮の寮生でもあったと 「#265」 で明らかになったりもしたけど。

寮に住んでたってくらいだから地元ではないのだろうな。


開幕 【あせったー】 は、ワックスがけのネタ。

「新品のツルツル」 ってこの表現を下ネタに繋げられることある? スゴ技でしょ。

しかもこのシチュエーションで連想させるのも上手いよねー。

天草シノがワックスがけに何をどう思っているか、という情報が明らかになっているのが上手い。


轟ネネの下ネタっぷりは 【今日はマラソン】 でもすごい。

津田タカトシに堂々とソロプレイ中の話を聞くのかよ……!?

何か、また新たなるレベルに踏み込んだ気がする……

男子と直接そういう話をしようとするのはニューステージでしょ。

これもし津田タカトシが答えていたら、轟ネネはどんな感情で聞いていたのか?

嬉しそうな顔か照れてる顔か、あるいは そうだよねー程度に軽いリアクションなのか?


そういや三葉ムツミたちと同じクラスだけあって、【今日はマラソン2】 では背景のモブ的にパリィ・コッペリンがいる。

まあ台詞も無いし、柔道部ネタのときの海辺ナナコとかと同じ程度の扱いですけど。

つーか今回は中里チリが柱の登場人物紹介にいますね。

しっかりサブ登場人物のポジションに昇格しつつある感じだ。


最終ページは、前回の夢占いネタのおまけ。

【前回のおまけ】 と 【前回のおまけ2】 では、津田コトミの夢や扉絵にもなってる横島ナルコ先生の見た夢の話が語られる。

でもそこより気になるのは、桜才新聞下から2段目の猫ちゃんかなー。

単純に、落とし物のキーホルダーの写真とかなのかなあ?

畑ランコが余白を埋めるために描いたイラスト、とかだったらセンスが可愛くて良いと思うのだ。

あるいは、左下の4コマ漫画作者が畑ランコとかでも良さがある。


感想終了。

何か今回は非エロの下ネタ (うんこネタ) とか、横島ナルコの聴音責めとか赤ちゃんプレイネタとか何かマニアックな気がした。

『生徒会役員共』 「#522」 感想

・既に一週間遅れとなってしまった 『生徒会役員共』 感想です。

この回、「#522」 は夢占いの回!

畑ランコが桜才新聞の記事作りのため、天草シノたちに夢占いの取材をするエピソードだ。


そんなわけで先週の 『生徒会役員共』 感想。

扉絵は真顔に棒立ちでこちらを見つめる畑ランコ。

本編の働きっぷりと打って変わって静止している様子は何だか良さがあるよな……

美術品を眺めるように周囲をぐるぐると回りながらまじまじ観察したい魅力があるぜー。スレンダーだし。


開幕 【人気企画】 は1コマ目から畑ランコのターン。

昨日見た夢の内容をインタビューする畑ランコの真面目な取材シーンですが、オチはひどい下ネタだった。

男子ウケのため聞SEX占い、5コマ目があったら津田タカトシには聞きませんと畑ランコがボケる展開になってそう。


2本目から5本目まで、天草シノたち生徒会役員の見た夢が1人ずつ赤裸々に語られちゃう。

【たまたま】 で語られるのは、天草シノの見た全然下ネタ関係ない金縛りの夢。

氏家ト全先生の漫画で金縛りと言えば、金縛りかと思ったらプレイ的に縛られていた的なネタですが、そうはならずだ。


今回一番インパクトがあるのは、【穴からこんにちは】 で語られた七条アリアの夢。

蛇の夢を七条アリアが見たのならそれは絶対エッチな夢でしょ~、蛇に下ネタ的に身体に巻き付かれる夢とかさー。

そう思いきや、我々の予想を軽く超えてくる、何だこの夢!?

「蛇の夢は縁起がいいんですよ」 と解説した畑ランコも驚いていそう。

蛇に丸呑みプレイとかならともかく、蛇を丸呑みするプレイなの? どういうことなの?

よく考えたら丸呑みプレイという丸呑みされることがフェティシズムの一種であることもよく分からないな……


続く 【トイレライフ】 で津田タカトシの見た夢は平平凡凡というか平和にトイレに入る夢。

白いモノを出す夢まできっちり情報を抑えておく畑ランコが、もうむしろ生真面目で良い感じ。

【おとぼけ】 で語られる萩村スズの夢は、津田タカトシと一緒にボアの散歩をする夢だー。

そのまま語っていたら、睡眠中に見た夢じゃなくてこうなりたいという夢じゃあないですか、とか茶化されてそうだ。

それにしてもこの3コマ目の絵、文字だけ入れ替えたネタ画像に使われそうな勢いがあるな。良い。


最終ページで五十嵐カエデが登場だー。

もはや畑ランコと五十嵐カエデの2人は仲良しペアというのがお約束であるな。

【畑論】 にて見て夢を忘れたと答えた五十嵐カエデに、畑ランコの下ネタ解釈が発動である。

まさか見た夢から起床直後の状況に話を持っていかれるとは思わなかったぜ。


ラストの 【しめ】 は、畑ランコの見た夢が語られ……なかった。

ここに来て将来の夢で話をそらす展開が来るとは。

これアニメ化したら、畑ランコが超速度で逃げ去っていそうだなーとか思ったよ。

今週の 『生徒会役員共』 「#521」 感想

・今週の 『生徒会役員共』 は、日常的エピソード。

前回までの学校交流会エピソードが続くかと思ったが、そんなことは無かったぜ。

そんなわけで、今週の 『生徒会役員共』 感想。

今回 「#521」 は、桜才学園を舞台とした4コマ7本だ。


開幕 【きゅんっ】 は、桜才バカップルのヨシ君ナオちゃんのうち、ナオちゃんが生徒会室に現れた。

単行本17巻にて "馬川ヨシオ" と "花巻ナオ" のフルネームが判明したものの、特に今回のネタとは関係なし。

つーか天草シノのお悩み相談室では、オススメのデートスポットまで相談に乗ってくれるのかー。

天草シノが提案したのは展望台。

この提案、花巻ナオが良い感じの展望台をイメージしてご満悦なの、ちょっと意外。

登場当初はちょっとラブラブすぎるだけだったのに、最近はアブノーマルなプレイも嗜むヨシ君ナオちゃんじゃん。

展望台でも、何かそういう変なプレイを思い浮かべるオチに繋げると思ってた。

じゃあオチは何かと言えば、花巻ナオでなく天草シノによるタマヒュンのネタでござった。

キュンっていうかヒュンである。


扉絵にて元気な見返り美人図を見せてくれる三葉ムツミのネタは、2,3本目の 【挙手】 と 【頂点】 。

三葉ムツミというより津田コトミのネタだわ。

ただの手を広げての挙手も、指を1本立てての挙手も、津田コトミの厨二病にかかれば一気に強キャラの振る舞いに。

まあそこよりも、時カオルが挙手する2コマぶち抜きの図が背景のせいか何かシュールな感じで気になる。

あと、三葉ムツミの 「ノンノン」 って言い方が良いよね。

これ咄嗟に口をついた言葉で、いやノンノンじゃなくて、とか自分で続けて発言してそう。


4本目 【津田袋】 は、氏家ト全先生がよくこれ考え付いたなーって感じのセリフのネタだ。

「二往復しちゃった」 が 「におう服でシちゃった」 って、もう純粋にネタ出しが凄いよ。

まず "二往復" と "におう服" が掛かってると気付かないものね。

それはともかく、サブタイトルの津田袋とは津田タカトシの堪忍袋であり、下ネタな袋ではなかった。

【横島ピーチ】 は、小山リカ先生のしみじみとしたツッコミが面白い。

こちらのピーチはしっかり横島ナルコ先生の身体の部位であり、桃というか桃尻であり お尻のこと。


最終ページの 【パリィと国語】 は、アメリカからの留学生らしい漢字のお悩みネタである。

"穴" と書いて "ケツ" と読むのは正しいものの、"穴掘り" を "ケツホリ" と読んだらさあ大変。

まあそこよりも、パリィ・コッペリンとアスカちゃんの邂逅するネタが 「#518」 以来割とすぐ来たのは驚いた。

この2人が出会うことってあまりないだろうなーっと思っていたので。

いつかアスカちゃんの無垢とパリィ・コッペリンの日本の未知が掛け合わさった下ネタとか来てほしいものだ。


ラストは 【ゆりてんかい】 とか気になるサブタイトルですね!

しかも登場人物は天草シノと七条アリアの2人きり。

この2人で百合展開とは……! と期待に胸膨らませたりもしたけれど、七条アリアの聞き間違いネタだった。

むしろこのオチでこのサブタイトルなら、何故かひらがなである緩さが好きな感じだ。

つーかよく考えたら、七条アリアが 「女性 掘るもん」 が足りないなら出島さんに相手を頼みそうなものだよな!?

それなのに天草シノを選ぶというのかー。

今すぐこの場で相手をしてもらいたかったのか、それとも出島さんより天草シノが良かったのか?

どういう理由であれ、俺としてはこれはこれで良いな……と思える選択ですね!

いや出島さんが相手に選ばれた展開も見てみたい気持ちはめちゃくちゃありますが (知らんがな)