今月の 『八乙女×2』 第7話 感想

・作中で卒業の話題が出てたけれど、これは氏家ト全先生の漫画で初めて、進学を挟んでストーリーが続くことになるのか……?


そんなわけで、今月の 『八乙女×2』 感想。

第7話 「こたつの魔力」 の感想だ。

今月は普段通りと言えよう、4コマ漫画とショート漫画が混在する通常回。ページ数は14ページ。

終始コタツ周辺を舞台に話が進む回だ。


開幕八乙女カイが自宅でコタツに入れば、既に八乙女ハルルが先客としてコタツに潜り込んでいた幕開けだ。

八乙女カイが下校して帰宅するより早く、八乙女ハルルは八乙女カイ家に上がり込んでいたようで。

お隣さんの垣根を越えて日常的にお邪魔している様子が伝わるし、この後にもそういう描写が出てきた。

八乙女カイが隠してるエロ本とかを見付けてしまう展開とかも期待できそう。


前半4コマ漫画パートでは、八乙女ハルルは最後のページまでコタツに入ったまま過ごしてるな。

つまりそれだけ氏家ト全先生がコタツ関連だけで4コマのネタを出せている、ということである。

生徒会役員共』 でもコタツがある風景はおなじみだったしな、氏家ト全先生の漫画での冬のシーンでのマストアイテムという貫禄だ。


顔半分が隠れるほどすっぽりコタツにインした八乙女ハルルですが。

【対策済み】 ではコタツ内部の様子が図解されており、ガニ股ダブルピースのスケベ系ポーズをお披露目だ。サービスカットかよ。

タツ中央の電熱器からガニ股ポーズの下ネタに繋げられる発想がスゲェ。


前半最終ページの 【ハルルは寝返った】 は、8コマ漫画。

寝返りを打ったを "寝返った" と書いてるだけであり、裏切ってるわけでは無かった。

八乙女ハルルが八乙女カイと同衾してたかと誤解させるオチですが、八乙女カイ母の反応は茫然なのかー。

更にここから下ネタボケで返すようなオチにはならないのだなあ。


5ページ目からは、後半のショート漫画パート! 泉ルイたちクラスメイトが、八乙女カイ宅を訪ねてきたぞ。

後半1コマ目、迎え入れる八乙女カイを上から見下ろすようなカットになってるなあ。

背の低さを強調して、小学生らしさを出そうとしてる作画上の狙いかも。

八乙女カイより身長が高い泉ルイ目線、という可能性もあるか。


身体のラインが出そうな 「たてセタ」 を着用している八乙女ハルルですが、小学生なので特に凹凸は出ないぞ。

しかしまあセーターとか着て上半身は冬着なのに、女子は下半身スカートで生足だったりしてるね。これが若さか。


八乙女カイが住むマンションの隣がコンビニだと、男子の黒松君から情報がもたらされる。

伏線やフラグという程ではないけど、ここでコンビニの話題が出てたのだなあ。

男友達の出番やセリフが少ない問題についてここで緩和が図られる。

女子たちは八乙女カイの家に来たことあるけど、黒松君は家にあがったのは初めてという情報も読み取れる!(読み取ったところで?


泉ルイたちが八乙女カイのマンションに集まったのは、卒業制作で彫刻のオルゴールを作るためだとか。

『八乙女×2』 で初めて卒業の話題が出たぞ!

泉ルイたちは卒業が気がかりなようですが、読者的には卒業後の話が気になるポイントだ!

来年春を迎えた時、八乙女カイたちは中学校に進学するのか? はたまた来年も6年生というループ展開なのか……?


これまでの氏家ト全先生の作品では、卒業イコール最終回だった。

だから作中で春を迎えるたび、時空がループして来年も同じ学年となっていた。

例外的に、『生徒会役員共』 で津田コトミだけ中学を卒業して高校生になったけど、あれは同じ高校に入学する展開だったしな。

でも連載数話で卒業の話題が出る辺り、こりゃ進学して中学生になりそうな気配だなあ。

氏家ト全先生の漫画で初めて、主人公たちが進学を挟んでも話が続くストーリーとなるのかもしれない。

泉ルイも本木アユムも富谷君も黒松君も、同じ中学に進学すれば出番があるのだろうし。

あっ! でも担任の伏見先生だけは卒業で出番が終わりだな……?

さすがに小中一貫校ではないだろうし。


本木アユムの分の座布団が足りないという話から、八乙女ハルルが八乙女カイ家に入り浸っている状況証拠に繋がった。

泉ルイがツッコミ入れるためだけの要素と思いきや、枕を抱きかかえる本木アユムという可愛いカットが次ページで生まれてるじゃないの。

上手い工夫! おしとやかな子が好きな読者向けの可愛らしさアピールと言えるポーズだ。


八乙女ハルルの父親がアンティーク好きという情報もドロップしましたが、この情報がいつか何かに繋がるかは不明だ。

そもそも八乙女ハルルの父親は、未だ姿を見せていないしな。


そんなことより、注目! 作中に出てきた千円札に、野口英世の肖像が!!

どういう形であれ、氏家ト全先生が描いた歴史上の人物の似顔絵ってことじゃん!

氏家ト全先生による実在の人物の似顔絵って初めてなのでは!? 貴重なカットだ。

あと、歳月を経て 『八乙女×2』 を読み返した時、時代を感じるコマになりそう~。


物語後半は、本木アユムをサブヒロインとして掘り下げる展開と言えそうか。

八乙女カイと同じコタツに入って二人きり、恥ずかしがっちゃう展開にも繋がってたぞ。

でもこのミスしたときの表情とか、もっと露骨に照れたり恥ずかしがらせたりできそうな場面だよな。

作画面における腕の見せ所と思えそうなシーンなのに、そうされてない感じがある。謎である。


本木アユムの自作小説 『剣人の迷宮城』 というタイトルが明らかになったり、本木アユムの考えたサインが未完成ながら判明したり。

第2話の図書室でノートに書いてた小説はこれだったのか。

内容はタイトルから推測するしかないわけですが、思ったよりファンタジーっぽい小説のようですね。

最近すっかり出てこなくなった作中ゲーム:モンデスの二次創作小説だったりするのかもしれない。


小説を読んでた八乙女ハルルのほか、泉ルイも小説を書いてることご存じだとか。

けれども本木アユムがサインを考えていることまでは知らない……と言う要素が今回の大オチに繋がった。

それはそうと、最終ページ1ページ前で速攻コタツにインして頭だけ出してる八乙女ハルルは可愛らしすぎるな。

マジでコタツムリである。本木アユムが笑顔で見守ってるのも可愛いし。


今月の感想終了。

次回予告は "次回、年末と言えばクリスマス。クリスマスと言えば……?" とのことだ。

もうクリスマスの話かー! 別マガって毎月9日の上旬発売だから、11月上旬の予告でクリスマスの話題を出すことになるのだな。

クリスマスと言えば、クリスマスプレゼントである。

氏家ト全先生の漫画で、初めて小学生が主人公で迎えるクリスマス! サンタクロースを信じているのは誰なのか?

これまでの氏家先生の漫画の中でも、最も保護者にスポットライトが当たる展開となりそう。

何気に氏家先生の漫画では、クリスマスはクリスマスパーティーからのお泊り会も頻度が高い。

お泊り会からのクリスマスに絡めた重たい下ネタの大オチとか期待したいぜ!

今月の 『八乙女×2』 第6話 感想

・小学生ならではみたいな重たい下ネタが飛び出てご満悦ですよ。


そんなわけで、今月の 『八乙女×2』 感想。

第6話 「10月だよ運動会だよ」 の感想だ。

今月は、4コマ漫画とショート漫画が混在する通常回! けれどページ数は12ページで、少しボリュームが無い感じだ。

長寿連載を経験した漫画家さんの悩みに、「何回〇〇をテーマにネタを出さなくちゃいけないのか」 ってのがあるっぽい。

氏家ト全先生にとっても、「もう運動会や体育祭でのネタは厳しいぞ」、など思ってらっしゃるのかも。

でも、運動会が嫌だから中止になるよう雨ごいする、という開幕から小学生っぽさ全開だから安定感ある。



前半のメインは、運動会の色々な種目

徒競走する 【隣の芝生】 も小学生らしさ、というより子供が小学生である親子らしさフルスロットルか。

「足が速いから」 という理由でおつかい行かされる、というかその理屈でおつかいを頼む辺りが小学生を子に持つ親という感じ。

体育のマラソンで圧倒的ビリだった八乙女ハルルが、他人の足の速さを率直にうらやましがってるところ素直で良い。


【妥協案】 は今回初の下ネタだー。

借り物競争 × 大人のおもちゃの下ネタに、伏見先生が "今は持っていませんよ!?" と気になる発言。「今は」 か……!

2コマ目を振り返ると隣に同僚の女性教師がいるようなので、赤っ恥度合いが増すので好き。

ていうかこの下ネタを言うのが八乙女ハルルだと、世間が広い高校生とか言うより面白みがあるな。

小学生につきサンプルとなる大人の数が少ないので、「大人は皆おとなのおもちゃを持ってるはず」 と素直に信じてる可能性も出るので。


そして 【我が子の歴史】 は、今回最大の重たい下ネタで笑った。

小学校の運動会で我が子の記録をビデオ撮影する親からこんな下ネタ出ることある?

主人公が小学生設定なので、若い保護者をどんどん下ネタ要員で出して行けるのは 『八乙女×2』 の強みだな。

子供が中学生・高校生だと、このネタを親である登場人物から出されると微妙な感じが出そうだし。

ここぞとばかりに氏家ト全先生が温存してたネタなのかも、それくらい良かった。


下ネタ自体とは関係ないけど、スマホが小学生でも持ってるほど普及したから 【勤勉ハルル】 の下ネタは動画で確認するオチなのな。

氏家ト全先生の過去作だったら、時代的にこのオチはイメージ映像になってそう。

おかげで泉ルイが "綱引き動画" のプレイを目にして知っちゃう展開が可能になった。

個人的には、本木アユムが綱引きプレイを知ったとしたらどうなるのだろう、と気になるぜ。


八乙女ハルルが本木アユムに口移しで飲み物を飲まそうとする 【かえす】 はシンプルにサービスシーンと受け止めてよろしいか?

オチのコマの本木アユムの表情も何か照れてる感じだし! ここから更に迫った展開の5コマ目が読みたいところだ。


【さいきん おおいんだよね】 では、八乙女カイの男友達:富谷君がオチの4コマが来た!

これは衝撃! 男友達の富谷君と黒松君は、今後も目立つモブ生徒くらいのポジションかと思っていたので。

糖質オフという個性も出してきよったぞ。見た目良いのは努力の成果系男子なのかも。



後半のメインは、八乙女カイと八乙女ハルルの二人三脚だ。

二人並んだコマでモブ男子たちが八乙女カイより身長高い様子、というか八乙女カイが八乙女ハルルと同身長なのは何か記憶に残る。

八乙女カイはちっちゃい系男子なのだなあ。ショタらしさあると言えそう。


【10cm盛り】 、1コマ目から "ちなみに胸パッド入れてます" の台詞が飛び出るの、さすが氏家ト全先生の漫画だけある。

胸パッドの存在は日常茶飯事という世界観だぜ。

胸パッドを八乙女カイの股間に仕込もうとする不正には笑った。

ていうか "一理ある" のセリフ、"不自然だし" にしか納得してなかったのかよ。


そして泉ルイの嫉妬心、というかうらやむ恋心がフルスロットルの展開が来た。

身長差さえなかったら八乙女カイと肩に手を置いて二人三脚していたのは自分だったのに、という感情を隠そうともしない。

八乙女カイと八乙女ハルルの1位記念写真を自分で撮影しなけりゃならない不遇にも笑う。

あとこの 【勝っちゃった】 、八乙女ハルルのわーわーって言うセリフが可愛いのだわ。


泉ルイが良いとこ無しで終わるのでなく、最終競技のリレーで逆転勝利をもぎ取る活躍の場を見せるのは丁寧な作りだ。

この 【気にしていた】 、本木アユムが戦犯とまで気にしてるのは凄いですね。

あと3,4コマ目の八乙女ハルルは、年齢相応に低年齢っぽい描写になってるな。これはこれで可愛いな。


眠ってしまった八乙女ハルルを八乙女カイがおんぶするラストシーン、泉ルイが見たらまた羨みそう。

お胸が当たるじゃん、みたいな話にも小学生だからならないぞ。


今月の感想終了。

次回予告は "次回、カイ君の家にクラスメイトが続々集合!!" とのことだ。

どういう理由で集まるのだろう? 秋の学校行事関連で集まるのかなあ。

学芸会の練習で集まる、というのは誰かの家では起きないか。

特に理由なく、皆でモンデス (作中ゲーム) して遊ぼうぜ、みたいな展開やもしれぬ。


柱のアオリ文句に 「小学校ラストイヤー」 とあるのは当然の事実だけど気になりますね。

来年4月まで連載が続いたとき、八乙女カイたちは卒業して中学生になるのか? あるいは年度がループしてまた小学生なのか?

その疑問を編集部はどう考えてるのだろう、と気になったので。


なお、『八乙女×2』 の掲載誌である別冊少年マガジンの編集長が交代になったとか。

新しい編集長は、川窪慎太郎さん ( 『進撃の巨人』 の担当編集者として有名なバックさん) であるらしい。

『八乙女×2』 への影響がどれだけあるのかは未知数だけれど、気にしておいてみたい。

『生徒会にも穴はある!』 の単行本帯に氏家ト全先生のコメントあり(ただし流用)

週刊少年マガジン2022年22・23合併号から連載開始となった漫画 『生徒会にも穴はある!』 。

この漫画には 「氏家ト全先生太鼓判!!」 との売り文句が付いたり「16年やれる漫画ですね。」 と氏家ト全先生がコメントを寄せていた


そして2022年9月16日、『生徒会にも穴はある!』 の単行本が発売された。

それなら、もしかして単行本の帯に氏家ト全先生が応援メッセージを寄せているのでは……!?

そう思って購入したところ、たしかに氏家ト全先生からのメッセージは帯に記載されていた。

ただし、メッセージの内容は『生徒会にも穴はある!』 連載1話目で寄せられたものと同じ。というか流用だ。

(もっと正確に述べるなら 「※『生徒会役員共』は15年連載してました。」 の文章は除外されている)

別に新しく応援メッセージを寄せてはいなかった。


なお、単行本帯には他に 「『生徒会役員共氏家ト全ほか数々の人気作家が絶賛!」 などの売り文句が書かれていた。

この氏家ト全の文字が結構でかく、背表紙にある作者名:むちまろ先生の名前よりも大きい。

氏家ト全先生の漫画の人気の高さが窺えて良かった。

今月の 『八乙女×2』 第5話 感想

氏家ト全先生の過去作と世界が繋がった回だ! 『八乙女×2』は、『生徒会役員共』 と同一世界である模様。


そんなわけで、今月の 『八乙女×2』 感想。

第5話 「9月はアニバーサリー」 の感想だ。

前回は4コマ漫画パートが皆無という珍しい形式だったけれど、今月は4コマ漫画パート + ショート漫画パートの通常運転回。

ページ数も16ページだ、これが基本なのだろう。



汗ふきシートを欲しがる、という普通の言動が 「使用済みの汗ふきシートを欲しがった」 と誤解されるフェチな下ネタで開幕。

1ページ目から性的プレイの下ネタ始まりは、何気に5話目にして初だ。

登場人物もキャラクター性が見えてきたし、氏家ト全先生もいよいよ本領発揮なのかも。


【一石二鳥だぞ】 、"泉ルイ 我々の班長" の言い方が面白い。「この班の班長」 とかじゃないのな。

"我々の班長" ってことは、八乙女カイか八乙女ハルル視点のナレーションなのか?

メタ世界のナレーターが自分も班員のつもりで語ってるのでもシュールで面白いけど。


【空耳の時間】 、氏家ト全作品でたまに垣間見える 「下ネタは昼間はまずい (夜ならOK) 」 という下ネタ観好き。

夜の八乙女ハルルのご家庭では、一体どのような下ネタが繰り広げられているのだろうか…… その様子は後で出てくるからありがたい。

"チーム分けどうしようか" と言ってるモブ女子生徒は、以前にも姿を見せたことあるね。

名無しの生徒でもクラスにどういう顔ぶれがいるかなど、設定資料は作られてあるっぽいですね。


【水分は大切だぞ】 、小学生女子であってもお肌の潤いを気にするこの氏家ト全先生の漫画の世界観よ。

「まだ若いので大丈夫です」 みたいな返しをしないのが氏家ト全先生作品らしさか。

見方を変えれば、小学生ならではや小学生らしい性格はあまり無い漫画とも言えるか……? 別に良いですけれども。


【仲のいい母子】 では、夜の八乙女ハルルのご家庭での下ネタ会話がお披露目だ。

八乙女ハルル母の夜の営みについて、娘 (八乙女ハルル) から話題に出される! すごい家庭だ。

八乙女ハルル母はナプキン派という情報も出てると言えよう、フェチの人は喜んだりするのだろうか。

間接的に父親についても語られているが、食卓に父親の姿は無かった。

八乙女ハルルの父親も八乙女カイの父親も、今まで一度も姿を見せていない。


登場人物の両親、とりわけ父親は登場しないのが氏家ト全先生の漫画の特徴だ。

「父親」 だとまず確実に性的行為の経験がある男性なので、下ネタが生々しくなってしまうと避けてらしたりするのかなあ。


【9月8日】 は、前回ラストで予告されていた誕生日の話!

一体誰の誕生日なのかと思いきや、八乙女ハルルの誕生日、そして八乙女カイの誕生日でもあったとさ。

よもやの同日、八乙女×2の誕生日でもあると言えよう。

作中のこの時点では、9月8日は未来であるみたい。

でも今回の話が掲載された別マガは9月9日発売号につき、読者にとって既に誕生日は過ぎていた。

つまり 「おめでとう」 ではなく 「おめでたー」 だな (氏家ト全先生の漫画で一度しか使われていないギャグを出していくスタイル) 。


9月8日は 9(く)8(ぱぁ)で 「くぱぁの日」 という下ネタも放出だ、ちなみに今回は1話でくぱぁネタが2度も出た回でもある。

くぱぁに反応した (と誤解した) 八乙女カイを、八乙女ハルルが "思春期だなー" と気だるげな態度で流す態度は好き。

男子ってそういうとこあるよね、みたいな観念による反応なのかなあ。


【基本情報】 では、泉ルイが八乙女カイの誕生日を把握済みであるとも明らかに。

八乙女カイの反応を見るに、把握済みだからと言って今までお祝いはしていなかったのか。

泉ルイが八乙女カイを好きだとは、ページ柱の登場人物紹介の "カイのことが好きな…様子…。" にもあるよう明らかだ。

でもいつから好きになったのかは、それは不明。

去年の誕生日が過ぎて以降に好きになったのかも。


【ハルルんち】 は、4コマ漫画パート最後のエピソード、そして次ページから始まるショート漫画パートへの連結部だ。

八乙女カイを好きだと隠し通す泉ルイ、八乙女ハルルにリードされて不憫かと思いきや、すぐさまハッピーな出来事が来た感じ。

泉ルイをひたすら不憫ギャグ要員にしないのが作劇におけるバランス感覚の良さかー。


後半10ページはショート漫画パート。

話の流れ的に八乙女ハルル家での誕生日パーティと思わせて、実は八乙女カイ家での誕生日パーティというサプライズだ。

泉ルイもこれにはご満悦であろう。

何気に、八乙女カイの男友達の苗字がここで初公開となった。

大人っぽい男子が富谷君、わんぱくっぽい男子が黒松君だ! ちなみにどちらも宮城県の地名でもある。


読者にとってのサプライズは、誕生日プレゼントのシーン。

本木アユムからのプレゼントが "アヘマルくんぬいぐるみ" 、泉ルイからのプレゼントが "トリプルブッキングのNEWアルバム" !

アヘマル (アヘ顔アニマル) もトリプルブッキングも、氏家ト全先生の過去作品に登場していた存在だ。

『八乙女×2』が、氏家ト全先生の過去作品 『生徒会役員共』 と 『アイドルのあかほん』 の世界と繋がった瞬間である。

『あかほん』 は 『濱中アイ』 と同一世界であるので、『八乙女×2』 は 『濱中アイ』 とも同一世界と言える。


ちなみにトリプルブッキングのアルバムジャケットを見るに、有銘ユーリは変わらず背が低い。

普通に考えて、今も小学生のままなのだろう (萩村スズみたいに 「高校生だけど低身長」 ではなく) 。

じゃあ 『八乙女×2』 は 『生徒会役員共』 と同時代なのか。

小学生時代の 『生徒会役員共』 登場人物が 『八乙女×2』 にお目見えする、みたいな期待はできなさそうね。


八乙女カイから八乙女ハルルへの誕生日プレゼントは、アプリゲーム 「モンデス」 の超レア素材。

ぬいぐるみよりアルバムよりテンションあがっちゃうのは現代っ子らしさか。

ちなみにこの超レア素材の名前は、"竜王の禁玉" 。

読み方は禁玉 (きんぎょく) じゃなくて、禁玉 (きんだま) だ! 金玉やんけ、こんなところにも小ネタが。


なお八乙女カイへの誕生日プレゼントについては、描写が一切無し。

あくまで八乙女ハルルの誕生会だからと、何も無かったのか……?

個人的に思うに、本木アユムと泉ルイは何かしら準備しそうに思えるけども……まあプレゼントのシーンが全省略されただけかも。


誕生日会後半は、八乙女ハルルと泉ルイのツイスターゲームだ。

ショート漫画パートなので、4コマ漫画パートでは描きにくい全身を映したダイナミック構図も可能。

氏家ト全先生の絵を好きな読者にはありがたい工夫だねえ。

漫画的にはえっちなトラブルなどが約束されたツイスターゲームですが、パンチラの誤解が発生するくらいで他は特になし。


今回のエピソードにおける決めのページだろう、八乙女ハルルが良い顔をするコマは普段より作画に注力されてますね。

髪の陰影にスクリーントーンとか貼られているし。

月刊連載になって、週刊連載の頃より氏家ト全先生も作画に思う存分時間をが費やせたりしているのかなあ。


最終ページは、今回名前だけの登場かと思われた男友達:富谷君と黒松君がメインの1ページネタ。

予想だにしていなかった、富谷君と黒松君から八乙女カイへの誕生日プレゼントだ! 目がちょっとうるんでると言える、か?

"カイ君って祝われたら涙腺ボロボロになるタイプに見える" のフラグも回収してるのかも。

そしてただ良いシーンではなく、八乙女ハルルにも同じシャツのプレゼントがなされて、ペアルックというオチである。

このノリが男子生徒らしさかー、泉ルイが怒っちゃってるのは笑う。


今月の感想終了。

個人的には本木アユムの誕生日だと予想してたが、全然違った。

そして次回予告は "次回、秋のメインイベント…運動会!!" とのことだ。

小学生での運動会と言えば、大玉転がしや組体操をやったりするのかなあ? 保護者の参加も期待できそう。


ちなみに別冊少年マガジン11月号の発売日は、土日で前倒しになるため10月7日 (金) の発売だ。気を付けよう。

ジョジョASBのバグ・小ネタ集の動画を投稿しました

・世は正にジョジョASBRの発売日前夜!

そのような状況下ですが、ジョジョASBのバグ・小ネタ集の動画を投稿しました。しかも2本。




動画を見ての通り、ジョジョASBのアップデートされる前、Ver.1.00でのバグなどを含めた内容となります。

言うまでもなく、最新アップデートバージョンVer.1.05では修正済みのバグも含めたよ。

さすがにVer.1.05だけでは数を用意できなかった……と書くなら後ろ向きな理由になってしまうな。

かつては追いきれなかったバグを楽しみつくした、としておくか。


面白いのはオラ無駄ラッシュ(ラッシュモード)バグの喰らい判定。

ラッシュモード中にはキャラクターの喰らい判定が消失しているはずなのに、Ver.1.00では何故だかミスタに喰らい判定が残っていた。

おかげでバグの温床になっていたわけですが、後のアップデートで喰らい判定は消失し、バグが起きなくなった次第。

これでバグは潰された……かと思いきや、Ver.1.05のラッシュモード中はジョニィに喰らい判定が存在するのだった。

というかVer.1.00でもジョニィに喰らい判定が存在したぞ、中途半端な修正だ。

残念ながらジョニィ同士ではラッシュモードを引き起こせないため、Ver.1.05では動画のほぼ全てのバグを起こせなくはなっている。

とはいえ、Ver.1.05になっても残ってるバグは残っているわけですねえ。


最も激アツなバグは、何と言ってもカーズやジョルノのGHAによる変身が一瞬で完了するバグであろう。

どうにかジョジョASBRでも残っていないだろうか、そう願ってしまうほどだ。